2019年6月4日火曜日

日本保健物理学会シンポジウムⅠ 合意形成における放射線防護の役割/放射線防護は合意形成をどう支援できるか?


○日時:2019年6月20日(木)12:00-15:00
○場所:東京大学 工学部2号館213講義室
    http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_04_03_j.html
○趣旨:
東京電力福島第一原子力発電所の事故後、住民を始めとするステークホルダーの合意形成が必要とされる放射線防護に関わる様々な課題が社会で大きく取り上げられてきた。
今後長期に渡る復興過程では、合意形成が必要とされる課題がさらに生じると予想される。
日本保健物理学会は放射線防護の専門家集団であり、放射線防護は科学と社会をつなぐことを期待されている。
本シンポジウムでは様々な視点から現状と課題を整理するとともに、合意形成における放射線防護の役割は何か、放射線防護は合意形成をどう支援できるか?の観点からパネルディスカッションを行う。
○プログラム: 
座長:吉田 浩子(東北大)
1. はじめに 本学会のこれまでの活動、どう社会と関わってきたか。
12:00-12:15 吉田 浩子(東北大)
2. リスク問題における合意形成とは何か
12:15-12:35 竹田宜人(横浜国立大学/製品評価技術基盤機構)
3. 飯舘村を事例とした、環境回復にみる現状と課題
12:35-12:55 万福裕造(農研機構・飯舘村復興対策課)
4. 除去土壌の現状と限定再生利用・県外最終処分に向けた課題
12:55-13:05 保高徹生(産総研)
5. 被災地で生産される農産物の課題 モニタリングはいつまで続けるのか?
13:05-13:25 信濃 卓郎(北大)
6. 帰還に向けた課題 放射線とリスクの対話を通じた意思決定支援 暮らしの手引き
13:25-13:45 黒田佑次郎(福島医大・産総研) 
13:45-14:00 (休憩・アンケート回収)
7. パネルディスカッション
14:00-15:00
主 催 一般社団法人 日本保健物理学会
共 催 一般社団法人 日本放射線安全管理学会、一般社団法人 日本リスク研究学会
協 賛 一般社団法人 日本放射線影響学会、科学技術社会論学会
参加費 正会員 2,000 円
学生会員 1,000円
非会員  4,000 円
事前申込:参加ご希望の方は、資料準備の都合により2019年6月17日までに、日本保健物理学会事務局(exec.off@jhps.or.jp)へメールにてお申し込みください。
メールには、氏名、所属、会員種別(正会員、学生会員、非会員)を明記してください。
なお、当日の参加も受け付けますが、配布資料がない場合がありますので予めご了承ください。

** 日本学術会議ニュース・メール ** No.678 ** 2019/5/31

1.【お知らせ】ワークライフバランス推進への御協力のお願い
2.【開催案内】日本学術会議主催学術フォーラム
  「グローバル政策ネットワークと国際機関
   ―東アジア通貨金融秩序を中心に―」
3.【開催案内】公開シンポジウム
 「Gender Equality 2.0からSDGsを展望するー架け橋ー
  ~GS10フォローアップ2019~」
■--------------------------------------------------------------------
 【お知らせ】ワークライフバランス推進への御協力のお願い
--------------------------------------------------------------------■

会員及び連携会員 各位
                 日本学術会議会長
                   山極 壽一
ワークライフバランス推進への御協力のお願い
 標記について、平成27年度から政府全体としてゆう活の取組が行われてお
り、本年においても、7月及び8月の実施期間中は職員の勤務時間帯を1時間
程度早め、かつ原則定時退庁を行うとともに、原則16:00以降やお盆期間
に会議時間を設定しないとの取組を徹底することとなっております。
 つきましては、7月及び8月において、日本学術会議の会議室を会場とされ
る場合、会議時間は、既に設定されている会議を除き、上記原則に従って設定
していただきますよう、御協力をお願い申し上げます。
 なお、進化医学の観点から、現代の就業環境は人体の健康とミスマッチを生
じています。くれぐれも人間の身体に合った日々の活動に心がけていただきま
すよう、自己管理をよろしくお願いいたします。

■--------------------------------------------------------------------
 【開催案内】日本学術会議主催学術フォーラム
  「グローバル政策ネットワークと国際機関
   ―東アジア通貨金融秩序を中心に―」
--------------------------------------------------------------------■
・日時:2019年6月28日(金)13時30分~17時00分
・場所:京都大学国際科学イノベーション棟シンポジウム・ホール
・主催:日本学術会議
・開催趣旨:
  現今、グローバル化が進展する中で、経済変動、気候変動、伝染病、人口
 移動などのグローバル問題の深刻化が懸念されている。その一方、国家間対
 立やポピュリズムによって国際政治が機能不全に陥っている状況で、問題解
 決に向け、国際機関と国家行政機関を連携したグローバル行政ネットワーク
 に対する期待が高まっている。学問においても、グローバル行政ネットワー
 クを考察する思考の枠組として、脱政府間主義やグローバル行政法などが提
 示され、その実態、課題、国際政策協調の可能性などについての研究が進展
 している。本フォーラムは、このような前提に立って、関係分野の研究者2
 名程度、国際機関の代表者、日本政府の代表者を糾合し、学問とグローバル
 行政との連携とその問題について多角的に議論すること目的とし、一般およ
 び大学生、大学院生、教職員などに公開するものである。京都大学で開催予
 定の本フォーラムでは、東アジアにおける通貨金融問題に焦点を当てる。

・次第:http://www.scj.go.jp/ja/event/pdf2/279-s-0628.pdf
・お申込み:https://ws.formzu.net/fgen/S35778575/       
・問合せ先:
 日本学術会議事務局企画課学術フォーラム担当
 〒106-8555 東京都港区六本木7-22-34
 電話:03-3403-6295
■--------------------------------------------------------------------
 【開催案内】公開シンポジウム
 「Gender Equality 2.0からSDGsを展望するー架け橋ー
  ~GS10フォローアップ2019~」
--------------------------------------------------------------------■
・日時:2019年7月4日(木)13時00分~17時30分
・場所:国立研究開発法人科学技術振興機構 東京本部 地下1階大会議室
・主催:国立研究開発法人科学技術振興機構、
    日本学術会議科学者委員会男女共同参画分科会
・開催趣旨:
  ジェンダーサミット10(GS10)で行われた議論や各テーマがその後どの
 ように取り組まれ、新たな展開が図られたか、より広い関係者で共有し、
 更なる議論を行う。特に、GS10で出した東京宣言において提案したGender
 Equality2.0が世界中でどのように共有されたか、今後どのように展開され
 るべきか、SDGsの観点から展望する。また、わが国の学術におけるジェンダ
 ー平等に関する継続的な取り組みを実施する流れ(PDCA)を作る。

・次第:http://www.scj.go.jp/ja/event/pdf2/278-s-0704.pdf
・お申込み:
  https://www.jst.go.jp/diversity/activity/seminar/gs10fu2019.html         
・アクセス:地下鉄有楽町線 麹町駅より徒歩5分、
  JR総武線・地下鉄有楽町線・南北線・都営新宿線 市ヶ谷駅より徒歩10分、
  地下鉄半蔵門線 半蔵門駅より徒歩10分
・問合せ先: 科学技術振興機構 藤井・松本(03-5214-8443)