2017年4月26日水曜日

【研究募集】東海村地域社会と原子力に関する社会科学研究支援事業

公募の内容:
 東海村では、地域社会と原子力に関わる社会科学・政策科学の研究を支援します。政治学・政策学・経済学・社会学・法律学・地域行政学など,多様な社会科学・政策科学分野の研究が対象になります。また,科学技術リスクのガバナンス,エネルギー政策における国と地方の関係,電源立地地域の諸制度の問題,コミュニケーションや防災など,多様な学問分野を統合した研究も支援対象です。

募集条件:
(1)募集期間  平成2941日~511日(木)必着
(2)応募条件
  国内外の研究者等(所属は問わない) 45歳以下(応募時点)
(3)支援金額  総額 200万円(23件を予定)

応募に関する情報および問い合わせ先:
応募に関する情報は下記サイトを参照してください。
http://hse-risk-c3.or.jp/itaku/itaku-index.html

応募内容についてのご質問は,下記の本件を含む事業を受託している特定非営利活動法HSEリスク・シーキューブ担当者へメールでお問い合わせください。
メールアドレス:office@hse-risk-c3.or.jp

担当者名:土屋智子

適正技術フォーラム準備イベント『小規模分散型テクノロジーの可能性』

適正技術フォーラム準備イベント セミナー・パネルディスカッション
『小規模分散型テクノロジーの可能性』
 2017年5月21日(日)13:30~18:00
  関連URL:http://www.apex-ngo.org/2017forum.html

【趣旨】
今日の世界は、貧困と格差、環境と資源、頻発するテロと紛争など、多くの困難な問
題に直面しており、それらの問題を解決・緩和していく方策が強く求められていま
す。

問題の解決を技術の面から考えると、これまでの、効率・規模・速度の拡大・増大と
経済成長を至上の価値とする近代科学技術のあり方の単純な延長上には、持続可能な
未来を描くことはむずかしいのではないでしょうか。

適正技術は、これまでさまざまな含意を込めて語られ、実践されてきましたが、概し
て、それぞれの地域(とりわけ「途上国」)の社会的・経済的あるいは文化的条件に即
し、住民が参加しやすく、そこにおけるニーズを効果的に充たす技術を指していま
す。ところが、適正技術には、その概念が生まれた当初から、近代科学技術がもたら
す環境・資源や労働疎外などのさまざまな問題を念頭に、それらの問題を乗り越える
代替的技術という意味もこめられていました。

これまで、途上国向けの技術というと、安価で簡素だけれども劣位な技術、遅れた技
術、伝統技術への回帰等ととらえられ、限られた場面に使われるマイナーなものと認
識されがちでした。しかし、適正技術を、上の二つの含意を統合したものとしてとら
えると、それは、世界の大多数を占める人々のための技術であり、かつ豊かで持続可
能な世界を実現する技術であって、今後の望ましい世界の扉を開く鍵になるもので
す。決して、「安価だが劣位な技術」等ではなく、必要に応じて、高度な近代科学技
術的要素も生かされていくべきものです。また、今後の先進国がめざすべき技術の転
換とも動的に呼応していく技術体系であることはいうまでもありません。問題解決~
代案提起型の活動には、多くの場合適正技術が必要となり、SDGsの達成にも欠かせま
せん。

そのようなことから、適正技術の研究・開発・実践に取り組み、あるいは関心を持つ
方々がセクター横断的に集い、意見・情報を交換して、適正技術の開発・普及を協力
して進めていくためのプラットフォームとして、適正技術フォーラム(または適正技
学会)の発足を準備していきたいと思います。それは、これからの世界の望ましい
技術のあり方や、国際協力のあり方をじていく場にもなるはずです。そのような
フォーラムの設立に向けて、準備イベントを下記のとおり開催したいと思います。

※本準備イベントの後、2017年秋頃に、フォーラム(または学会)の要綱を定め、発起
人、賛同者(または会員)等を募って、正式に発足することを見込んでいます。

---------------------------------------------------------------------

 ▼日時
 2017年5月21日(日) 13:30-18:00 (13:00受付開始)

 ▼会場
 JICA地球ひろば 国際会議場
  東京都新宿区市谷本村町10-5
  TEL:03-3269-2911
 (アクセス)https://www.jica.go.jp/hiroba/about/map/index.html
 ・JR中央線・総武線 市ヶ谷駅より 徒歩10分
 ・都営地下鉄新宿線 市ヶ谷駅 A1番出口 徒歩10分
 ・東京メトロ有楽町線・南北線 市ヶ谷駅 4番/6番出口 徒歩10分

  ▼定員
  100名

 ▼プログラム

 13:30     開会
        [総合司会]黒田かをり(一般財団法人CSOネットワーク事務局長・
理事)

 13:35-14:30  趣旨説明及び講演
        「適正技術とこれからの技術体系―アジアでの実践をふまえて」
        ●田中直(特定非営利活動法人APEX代表理事)

 14:30-15:15 「適正技術による途上国用各種機器の開発と普及」
        ●牛山泉(足利工業大学理事長・名誉教授)

 15:15-16:00 「途上国における小規模分散型サニテーションと適正技術
        ●北脇秀敏(東洋大学副学長)

 16:00-16:10  休憩

 16:10-16:55 「自然エネルギーに基づく節エネ社会構築の展望と適正技術の役
割」
        ●堀尾正靱(東京農工大学名誉教授)

 17:00-18:00  パネル・ディスカッション
        『適正技術と持続可能な社会への展望』
        ●座長   :水野広祐(京都大学教授)
        ●パネラー:牛山泉、北脇秀敏、田中直、堀尾正靱

 18:00     閉会~今後のスケジュール等のアナウンス
 終了後、懇親会

 ▼参加費
 一般:1,500円 学生1,000円(資料代含む。懇親会費別)
 懇親会3,000円(場所=JICA地球ひろば内レストラン)

 ▼主催
 適正技術フォーラム準備委員会
  伊藤道雄   (特活)アジア・コミュニティ・センター21代表理事
  牛山泉   足利工業大学理事長・名誉教授
  北脇秀敏   東洋大学教授・副学長
  黒田かをり 一般財団法人CSOネットワーク 事務局長・理事
  田中直   (特活)APEX代表理事
  根本泰行    アディスアベバ科学技術大学教授・理工学部長
  原田秀樹   東北大学教授
  堀尾正靱   東京農工大学名誉教授
  水野広祐   京都大学教授
  (五十音順)

 ▼共催 特定非営利活動法人APEX

  ▼呼びかけ賛同人
  大橋正明  聖心女子大学教授・(特活)国際協力NGOセンター理事
  谷山博史  (特活)国際協力NGOセンター理事長・(特活)日本国際ボランティアセンター代表理

  中岡哲郎  大阪市立大学名誉教授
  西岡秀三    (財)地球環境戦略研究機関研究顧問
  西川潤   早稲田大学名誉教授
  古沢広祐   國學院大学教授・(特活)「環境・持続社会」研究センター代表理

  見田宗介  東京大学名誉教授
  吉岡 斉  九州大学教授
  (五十音順)

 ▼後援
  外務省
  毎日新聞社
  (特活)開発教育協会
  (特活)国際協力NGOセンター

 ▼後援
  (特活)アジア・コミュニティ・センター21
  (財)CSOネットワーク
  (特活)シャプラニール=市民による海外協力の会
  (特活)日本国際ボランティアセンター
  (特活)ブリッジ・エーシア・ジャパン

 ▼事務局
 特定非営利活動法人APEX

  ▼お申し込み方法
  メール・電話・FAXにて、お名前とご連絡先(メールアドレスまたは
  電話番号)、懇親会参加の可否をお知らせください。
  ウェブサイトからもお申込が可能です。
  http://www.apex-ngo.org/2017forum.html

  ▼お申し込み/お問い合せ先
  特定非営利活動法人APEX(塩原、三木)
  TEL:03-3875-9286  FAX:03-3875-9306
  〒110-0003 東京都台東区根岸1-5-12井上ビル
  E-mail:tokyo-office@apex-ngo.org
  URL:http://www.apex-ngo.org/

2017年3月28日火曜日

国際ポストドクトラル研究員公募(国立研究開発法人海洋研究開発機構)

国立研究開発法人海洋研究開発機構では、
下記の公募を開始しました。
詳しくはリンクをご参照ください。

平成30年度 国際ポストドクトラル研究員 公募
募集人員 4~5名

http://www.jamstec.go.jp/recruit/details/jinji20170523.html
http://www.jamstec.go.jp/e/about/recruit/jinji_20170523.html

※締め切りは平成29年5月23日(火)

【問い合わせ先】
国立研究開発法人海洋研究開発機構
人事部人事第2課
国際ポストドクトラル研究員採用担当
jinji2【あっと】jamstec.go.jp

2017年3月27日月曜日

勉強会”Human & Machines in Medical Contexts: case studies from Japan"のお知らせ


3月31日10時より、勉強会”Human & Machines in Medical Contexts: case studies from Japan"を開催します。 場所は東京は四谷にある、上智紀尾井町ビルです。
なお、お席の残数は10程度なのと昼食の用意がござい ますので、参加予定の場合は、予め連絡をお願いします。

以下のウェブページに勉強会の詳細および連絡先があります。
https://www.dijtokyo.org/ja/event/humans-machines-in-medical-contexts-case-studies-from-japan/


2017年3月24日金曜日

日本学術会議ニュース・メール ** No.588 ** 2017/3/24

■--------------------------------------------------------------------
 「G20に向けたサイエンス20共同声明」について
---------------------------------------------------------------------■
 2017年3月22日にドイツ・ハレで開催されたサイエンス20対話フォ
ーラムの中で、ドイツ科学アカデミー・レオポルディーナのヨルグ・ハッカー
会長が共同声明を発表し、メルケル・ドイツ首相へ手交をした。
 手交された共同声明の内容は2017年1月25~26日にドイツ・ハレに
おいて開催された会議で取りまとめられた。「世界の健康を改善する:伝染性及
び非伝染性疾患と戦うための戦略と手段」(“Improving Global Health:
Strategies and Tools to Combat Communicable and Non-communicable
 Diseases”)がこの共同声明の表題である。
 ※詳細は以下をご覧ください
  http://www.scj.go.jp/ 
  http://www.scj.go.jp/en/index.html

 ※サイエンス20共同声明とは
 昨年7月、2017年G20の議長国ドイツを代表する科学アカデミーであ
るレオポルディーナは、G20各国の科学アカデミーから構成されるサイエン
ス20(S20)を新たに立ち上げ、G20ハンブルク・サミットに向けて科
学者から政策提言を行うことを提案した。これは、G7サミットに集う主要国
のリーダーに対し、G7各国科学アカデミーの科学者から政策提言を毎年行っ
ている「Gサイエンス学術会議」にならったものである。日本学術会議も共同
声明の取りまとめ会議に参加をし、署名を行った。

【問合わせ先】
内閣府日本学術会議事務局 参事官(国際業務担当)室(Tel:03-3403-1949)

2017年3月17日金曜日

東海村社会福祉協議会主催「母と猫の記憶 ~認知症に向きあう心の軌跡~」写真展、3月31日まで開催中


 会員の松原克志氏より写真展の案内がありました。詳しくは下記Facebookページをご覧ください。

【息子が残した認知症の母と猫の記録】

https://www.facebook.com/tokaimurashakyo/?fref=nf

日本学術会議ニュース・メール ** No.587 ** 2017/3/17

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
◇春の特別展「誕生 日本国憲法」及び「記念講演会」の開催について
◇2017年(第25回)コスモス国際賞について(ご案内)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
■--------------------------------------------------------------------
 春の特別展「誕生 日本国憲法」及び「記念講演会」の開催について
---------------------------------------------------------------------■
国立公文書館では、この春、日本国憲法の制定過程を所蔵資料等からたどる、
特別展「誕生 日本国憲法」を開催するとともに、同展の開催を記念した特別
講演会を実施します。ぜひご参加ください。

1.平成29年春の特別展「誕生 日本国憲法」
  会期:4/8(土)~5/7(日) 9:45~17:30
               (5/4、5/5を除く木・金曜日は20:00まで)
    ※期間中は日本国憲法の原本を展示します。
  会場:国立公文書館(東京都千代田区北の丸公園3番2号)
  最寄駅:メトロ東西線「竹橋」駅1b出口から徒歩5分
  料金:無料

2.春の特別展「誕生 日本国憲法」記念講演会
  日時:4/29 (土・祝)13:45 ~16:15
  会場:一橋大学 一橋講堂
     (東京都千代田区一ツ橋2-1-2学術総合センター内)
  最寄駅:東京メトロ「神保町駅」A9出口から徒歩3分
           「竹橋駅」1b出口から徒歩5~8分
  講師:橋本五郎氏(読売新聞特別編集委員)
     「日本国憲法-来し方、行く末」
     古関彰一氏(憲政史家、和光学園理事長)
     「誕生への苦闘:
      憲法担当大臣金森徳次郎を中心に」
  参加費:無料(事前申込が必要です。受付は3/20より)

※詳細は以下をご覧ください。
http://www.archives.go.jp/exhibition/index.html#ex_2904

【問合せ先】(独)国立公文書館 広報担当(Tel:03-3214-0622)

■--------------------------------------------------------------------
 2017年(第25回)コスモス国際賞について(ご案内)
---------------------------------------------------------------------■
標記賞について、推薦依頼がありましたのでお知らせいたします。
会員・連携会員の皆様がご推薦できる賞ですので、同賞にふさわしいと考えら
れる研究者がいらっしゃいましたら、ご推薦をお願いします。

○コスモス国際賞:1990年に開催された「国際花と緑の博覧会」(於:大阪府)
を記念して創設された、「自然と人間の共生」という博覧会理念の発展に貢献す
る業績を挙げた個人またはチームを顕彰する賞です。受賞者には賞金4000万円
が贈られます。

・〆切
平成29年(2017年)4月14日(必着)。
・賞概要
http://www.expo-cosmos.or.jp/main/cosmos/about.html
・応募フォーム
http://www.expo-cosmos.or.jp/recommend/index.html

※応募にはパスワードが必要になりますので、応募の際は、
日本学術会議事務局企画課審査係までご連絡下さい。